<< 超聖闘士マイティ・シャイナ 5話・逆さ吊り | main | グビラvsミスマンモス・グレイト 1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
超聖闘士マイティ・シャイナ 6話

「きっ、貴様ら!いい加減に…!」
まるで人語を理解出来ない獣たちは、実にマイペースに再びシャイナを使って
遊び始めた。


「はあっ はあっ 止めろ… おかしくなっちゃう!!」
ゴメスがまだ食い足りないかのようにシャイナを頬張る


べちょ べちょん じゅぽん 
「ああぁ… やあっ… ああっ…」


ずるっ
ゴメスが不意にシャイナを地上に降ろした。
「はあ  はあ  はあ   今度は…  なに…?」


ズブっ!

それは熱く熱した棒状のモノが突き刺さる感覚だった
「あ”? うそっ  いやー !それはやめて!」


ずっ ずっ ずっずっ ずっ ずっ​
「いっ ぎっ あっ こんな獣なんかに 嫌だ… ひっ ひいっ 」


ずっ ずっ ずっ​ずっ ずっ ずっ
​ゴメスとシャイナの呼吸が早くなっていく。
「ああ、ああ、抜いて〜 お願い〜!! ああ〜  あ”ーー!!」


がくがくがくがく
シャイナの腰が激しく痙攣する。
「ううっ 酷い こんな化物に… 」


しかし怪獣たちの宴はまだ終わっていないようだった。
事を終えたばかりのゴメスが虫の息のシャイナの両足を掴むとヒョイと持ち上げ
今犯したばかりの彼女の秘部をあらわにした。
「も、もう気が済んだだろ… やめてよ!!」


!!
「いやあ〜! もう許してよ〜!!」
ずっ ずっ ずっ​ずっ ずっ ずっ
再び始まった行為にシャイナは許しをこうしかなかった


後ろからしっかりとゴメスにホールドされ、シャイナはその振動に流されるしかなかった。
ずっ ずっ ずっ​ずっ ずっ ずっ
「あっ あん だめ あん あん 」


ずっ ずっ ずっ​ずっ ずっ ずっ
「あー、 ああぁ  いく っ いくっ  あっ   だめー!! 」
シャイナはこの日何度目かの絶頂を迎えた




それからしばらく… 怪獣たちの遊びはまだ続いていた。



気力も小宇宙も無くなったシャイナの脚を閉じたり開いたり、
踏みつけたり、悲鳴を上げさせたり、
彼女の地獄はまだ終わりそうになかった

          END
| フィギュア遊び | 13:13 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:13 | - | - | pookmark |
コメント
はじめまして。僕も巨女好きです。
質問ですが、DLサイトで販売されてる商品はスマホでも購入できますか?
| クラシック | 2014/08/15 5:41 AM |
お返事遅れてすみません。
DLサイトで私が出している商品ですが、おそらくスマホでは購入できないと思います。
 私自身がスマホ持ってないのでそちらの知識が乏しくどうすればスマホ販売できるのか?スマホで視聴できるのか?勉強不足のため到っていません。 
ですので改良方法がわかり次第、順次スマホ対応に変更していきたいと思います。
| ケロ彦 | 2014/08/24 11:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keroom.jugem.jp/trackback/112
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS